人間が一人一人持っている、免疫を強化する事

がん治療

がんの治療の中には免疫療法と呼ばれる物があります。
この免疫療法の中で、最も研究が進んでおり注目されている療法があります。
それが、自己リンパ球療法と呼ばれる物なのです。
他の名前では、養子免疫療法とも呼ばれています。
この療法なのですけれども、自分のリンパ球をまずは、採取するのです。
そして、外部で培養して活性化させるのです。
それから、再び点滴で、体内に戻すのです。

そうすると、相響されたリンパ球内の、免疫細胞が、がん細胞を殺傷して行くのです。
この療法なのですけれども、3大療法と呼ばれる物と併用する事によって、長所を活かす事が出来て、同時に短所を補う事が出来るのです。
3大療法というのは、手術、抗がん剤治療、そして、放射線治療があります。
この治療と免疫療法を併用するのです。
自分のリンパ球を増やすだけですので、副作用という部分が少ないのです。

そして、がんの種類、あるいは、進行度は関係ありません。
そういった物には関係無く、適応する事が出来る部分が大きなメリットと言えるのではないでしょうか。
そして、本格的な臨床と言うのは最近、行われ始めました。
だから、歴史が浅いという部分があるのですけれども、それは逆に言えば、研究の余地は沢山あり、本当に多くの可能性があるとも言えるのではないでしょうか。

投稿日: